車検|車検・自動車整備のことなら江南の【オートショップ シンサン】にお任せください!

自動車設備・車検のご依頼を承っております

車検

車検とは「自動車検査登録制度」を省略したものです

車検には大きく分けて「法定費用」「車検基本費用」「部品交換費用」の3つの費用がかかっています。
法定費用に含まれるもの
自動車重量税、自賠責保険、印紙代
車検基本費用に含まれるもの
定期点検料、測定検査料、代行手数料
部品交換費用
タイヤ、ブレーキパッド、オイルなど点検の結果、整備が必要になった個所にかかる費用

自動車重量税

自動車重量税は、その名の通り自動車の重さに応じた費用を収める税金です。

普通自動車

車検期間 車両重量
~0.5t 0.5~1t 1t~1.5t 1.5t~2t 2t~2.5t 2.5t~3t
1年 4,100円 8,200円 12,300円 16,400円 20,500円 24,600円
2年 8,200円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円 49,000円
*上記料金は初年度登録から13年未満のエコカー以外の車両の重量税を記載しています。
*エコカー減税適用車または初年度登録から13年超、18年超の経年車では各々重量税が異なります。

軽自動車

6600円
*上記料金は初年度登録から13年未満のエコカー以外の車両の重量税を記載しています。
*エコカー減税適用車または初年度登録から13年超、18年超の経年車では各々重量税が異なります。

自賠責保険

自賠責保険は、車検期間分を必ず加入しなければいけない保険なので、強制保険と呼ばれることもある保険です。
車種 12ヶ月 13ヶ月 24ヶ月 25ヶ月 36ヶ月 37ヶ月
普通車 15,520円 16,380円 25,830円 26,680円 35,950円 36,780円
軽自動車 15,130円 15,960円 25,070円 25,880円 34,820円 35,610円

印紙代

車検を受ける際に支払う手数料を印紙代といいます。
車種 検査手数料
3ナンバー車 1,800円
5ナンバー車 1,700円
軽自動車 1,400円

輸入車の車検について

当店は、輸入車の魅力に惹かれて愛車を選んだオーナー様の気持ちにお応えできるよう、可能な限り費用を抑えて丁寧な車検を提供しています。
「愛車への愛情はあるけど、車検の費用は抑えたい」と思われるのは、当然のことです。
しかし、輸入車の場合は修理代や車検代が高く、対応すらしてもらえないことがあります。そして、愛車を維持するのが厳しくなってしまい、手放すことを検討される方を見かけることがあります。
このようなご不安をお持ちの方は、ぜひ当店にご相談ください。
当店は元々、ディーラーでは対応できない「お客様に寄り添ったサービス」を提供するために開業しました。そのため、整備のプロとして培ってきた経験を活かし、様々な方法でお客様の理想を実現させます。

輸入車の車検って高いの?

国産車と比べると、輸入車の車検は高額になります。しかし、厳密には車検の費用が高いのではなく、整備の費用が高いため、高額になってしまうのです。
主な理由は、「部品代」と「ブランド代」です。
部品を交換することになった場合、部品自体の値段が高ければ費用が高くなり、有名メーカーの場合はそこにブランド代が加算されることになります。
さらに、輸入車の場合は「部品の保管費」がかかっているため、余計に高くなってしまうのです。部品が必要になってから海外メーカーに取り寄せを依頼すると、数ヶ月かかってしまうことがあります。そのため、お客様を長期間お待たせしないよう、日本国内の大手企業が部品を保管しているのです。
こうして、時間をかけることなく部品を供給できるようにしているのですが、保管の手間がかかっている分、費用が高くなります。

ディーラーにはない!当店で輸入車の車検を受けるメリット
輸入車の車検コストを抑える方法として、最もおすすめなのは
「ディーラーではなく技術力の高い町工場に車検を依頼すること」です。
ディーラーの場合は整備士の研修を行っているため、そこにコストがかかっている分、工賃が高くなります。一方、町工場の場合であれば、ディーラーほどコストをかけていないので、費用を抑えることができます。しかし、技術力に不安があるようでは、長期的に見ると余計にコストが高くなる可能性があるので、安ければ良いというものではありません。
つまり、これらの状況を考慮した際、オーナー様にとって一番メリットがあるのは、「ディーラーと同等の技術力を持った町工場に依頼すること」になります。

ページの先頭へ

自動車設備・車検のご依頼、ご相談はこちら